BLOG

白崎「タテゴ」を潜る!

少し波とウネリのある中でしたが、まったく気にせず生物探索。
水温21℃、透明度5mくらい。
先日から和歌山の海域全般的に少し濁っています。早くいい潮が来ることを祈ります。
 
アナハゼ、オトヒメエビ
 
指先にトサカガザミ、笑顔のトサカガザミ(笑)
 
ヒメギンポのペア、トゲアシガニ

只今、ケンカ中のカサゴ。最近よく縄張り争いをしているカサゴを目にします。
このあと、目の上までガブリっといっちゃてました(笑)
こちらも、またまたかぶりついて見入っちゃいました。
他には、スズメダイ、タカベ、キビナゴなどが中層を群れ、メバル、アイゴ、メジナも群れていることが多い。
まだまだ小さいですがアオリイカもよく目にします!
ニシキウミウシは見ますが、他のウミウシがまだ目にしていないので、もっと探してみようかな。

eLearning-logo

よくある質問

お客様の声

TRYSが選ばれる理由

ダイビング器材

SSSTRYSのFACEBOOK