BLOG

漁礁とハブカタへ

白崎のボートポイントに水深20~23mの砂地に1m四方の大きなブロックが数十個も敷き詰められている「漁礁」にフォトダイブ!

生憎の透明度で暗くて残念な感じでしたが、透明度が少し回復すれば、魚影が濃い&ソフトコーラルがたくさん咲いているので魅力あるポイントのひとつです!
今回は主にマクロ狙いで。
 
 
砂地ではダイナンウミヘビや、ヒラメ、カスザメ?らしき跡、エイが居たであろう形跡がたくさんありました。
ただ、砂は泥砂なので巻き上げにご注意です。

ハブカタのクマドリカエルアンコウは同じ場所で健在です!ちょっと一安心。
他にも、カエルアンコウは黄色・オレンジ・茶色の5個体確認できました。
 
 
ガンガゼヤドリエビや、ダテハゼ&テッポウエビ、ダイナンウミヘビ、イソギンチャクカクレエビ、コケギンポ、マツカサウオなどこちらでもマクロ狙いで撮影。
もう少し水温が上がればいいのにな。もしくはこののまキープを願います。

eLearning-logo

よくある質問

お客様の声

TRYSが選ばれる理由

ダイビング器材

SSSTRYSのFACEBOOK