SEA CONDITION

2014年6月 白崎

夏場だけオープンする和歌山 白崎の海 限定ポイント「シャクシの浜」と「一ツ根」ほかにも「くじら」などでは生物満載☆



そして5月にオープンしたばかりの洞窟ポイント「KODAKUSAN」では何度となく挑戦し続けた結果、

太陽の光が差し込む時間帯も把握できました! 狙いはお昼です。



シャクシの浜では、5月にスナビクニンが出没しましたが、あっという間に水温が上がって海藻が減り、姿が見えなくなりました(泣)

カエルアンコウが数匹確認されていたり、ハナイカの抱卵の姿などもあり、これからが益々楽しみなシャクシの浜です!

一ツ根やKODAKUSANの中層では、イワシ・イサキ・アジ・ タカベなど群れが廻ってきたり、 

ブリやクエ、クロダイが群れを追って入ってきたりする姿なども見れ、ワイド目線で見るのもいい!

マクロ目線で行くと、ウミウシや甲殻類が多く、1ダイブ時間が足りません!!



水温は天候によって変わりますが21~24℃。透明度は10mくらい。

潮が良かった先日は15m以上ありましたが、平均して7~10m前後。



じっくり探せばあちらこちらに、カラフルなウミウシたちがいっぱいです☆



甲殻類の観察や撮影する時は、バディ同士で水中ライトを使用して行うと観察&撮影がしやすいですよ!



勝手にネーミングをつけた「すずらんケヤリ」とイチモンジハゼのコラボが最近のはまりもの。



透明感があって綺麗ですよ!ぜひ挑戦してみてください!

これから、さらに熱くなる予感の白崎の海でした!!リクエストお待ちしております!

※オープンウォーターダイバーコースキャンペーン実施中!

eLearning-logo

よくある質問

お客様の声

TRYSが選ばれる理由

ダイビング器材

SSSTRYSのFACEBOOK