SEA CONDITION

2012年1月30日 みなべ

水温14~16℃、透明度8~15mと上がったり下がったりの
みなべの海ですが、生物満載でとにかくおもしろいっsign03.gif

この時期といえば、甲殻類やウミウシが増えてきていますup.gif
先日ショウガセで、ナシジイソギンチャクの幹の割れ目に
隠れているシンイボテガニを発見

サイズは小指の爪の半分くらい
よ~~く見ると、なんだか形が変sign02.gif
肉眼では分かりづらく、撮影した画像で確認すると

なんと卵らしきものがsign03.gif でもなんでこんな形にsign02.gif
今までにもカニの抱卵姿は見てきたけども、
お腹が開いているような姿は初めてsign03.gif
何が起こったんだろうか・・・気になります。

他にも、産卵シーンにも出逢いました。
こちらはビーロックのアーチ出入口にあるカラマツに住んでいた
ムラクモキヌツヅミガイ。

白いのが卵・・・今まさに産卵中ですface09.gif

元気に育って、またどこかの海で出会えることを楽しみにscissors.gif

マクロな目になると、ちっちゃなウミウシもたくさん見えてきますよsign04.gif
セスジミノ、ピカチュウ、カンナ、ヒロ、ニシキyg、ゾウゲイロ
 

 
コミドリリュウグウ、ミドリリュウグウ、セトイロ、センテンイロなどなど
エビ・カニ・ウミウシのマクロ生物もたくさんsign03.gif
ワイドは、中層やアーチ内に群れがたくさんgood.gif
マクロもワイドも楽しめま~すup.gifface09.gif

TRYSが選ばれる理由

お客様の声

よくある質問

ダイビング器材

SSSTRYSのINSTAGRAM

SSSTRYSのFACEBOOK