SEA CONDITION

2011年5月 白崎

春から秋の期間限定ポイント『シャクシの浜』の海情報fish.gif

徐々に水温も上昇し、17~18℃となってきましたface09.gif
まだクマノミやソラスズメダイなど色のある魚たちは少ないですがface04.gif
中層にはイワシ&マアジの群れ、マツバスズメダイの群れ、たまにボラの大群など
特に透明度が少し落ちている時は目の前を横切っていくので大迫力ですsign03.gif

ご注意はbomb.gifアカクラゲface18.gif いなくなったり、また出没したり。
他にシロガヤ&クロガヤも多いので生物観察する際は、よく周りを確認して顔を近づけたり
手をつくなどしてくださいねsign01.gif

昨年、数個体出現し賑わせてくれたジョーフィッシュは今年も出ましたsign01.gif
巣穴はいくつか確認できるものの当の本人(魚)は1匹のみしか確認できておらず・・・
この1匹が行ったり来たりしているのかsign02.gif
場所は分かりやすいように、昨年同様石で囲っているので見つけやすいし
昨年のような講習が盛んに行なわれる場所から少し離れているのでscissors.gif
今年は巣穴が潰されることは少ないかも。最近はちょっとダイバーに慣れてきたのか
結構寄って見ることができますface22.gif 大きな口をあけてちゃんとアピールも忘れていませんよface02.gif

他に砂地ではホウボウやヒメハナギンチャク

タコ、ヤマドリ、ダテハゼなどsearch.gif

マトウダイや、ヒメメリベの遊泳、アメフラシ盛りだくさん。

ウミウシは、海藻類に隠れているもの、砂地を這っているもの、岩場で見れるものがたくさんsign01.gif
アオウミウシ・シロウミウシ・サラサウミウシ・ミヤコウミウシ・カノコキセワタ・カラスキセワタ

クリヤイロウミウシ・シラヒメウミウシ・クロシタナシウミウシ・コノハミドリガイ・アズキウミウシ

ダイダイウミウシ・ヒロウミウシ・アカエラミノウミウシ・ゴマフビロードウミウシなどなど。

ユビノウトサカの中に隠れるトサカガザミや、トゲトサカの中で見るテンロクケボリガイ
ユビノウトサカはちょっとヌルヌルした感じで気持ち悪いが、幹の間を探せば大抵見つけられます。
他に、ラッパウニに身を潜めるゼブラガニなど。
ウニのトゲをハサミでカット!!刈り込みがあるラッパウニを探せば目安になるので見つけやすいです!
ただトゲには毒があるので、むやみに手で触れないようご注意ですpunch.gifface01.gif

この時期は毎年必ず観察できるアナハゼ
岩場でいたり、海藻で休んでいたり、地味な色合いの魚ですが動きはとても可愛いですface14.gif
タツノオトシゴも確認しているのですが、観察場所はコロコロ変化ありface18.gif
離れ根や、浅場の岩場ではコケギンポやイソギンポが愛嬌ふりまくりですface10.gif

ビギナーダイバー、ベテランダイバー共に楽しめますよsign04.gif
フォト派ダイバーは更に嬉しいっface09.gif じっくりのんびり撮影ができま~すup.gif

まだまだこれから、何が出てくるかが楽しみなシャクシの浜ですsign01.gif

TRYSが選ばれる理由

お客様の声

よくある質問

ダイビング器材

SSSTRYSのINSTAGRAM

SSSTRYSのFACEBOOK